幼児対象リトミック専任教授

柿迫 秀

声楽家/テノール

1967年島根県に生まれる。島根県立大田高等学校卒業後、国立音楽大学声楽科卒業、同大学大学院オペラ科修了。声楽を、永井順、正子、森山俊雄、砂川稔、マリア・ミネット、ダリオ・ポレンギ・カザーティ、フランカ・マッテウッチの各氏に師事。

大学院在席中に、飯森範親指揮モーツァルト作曲、歌劇「魔笛」のタミーノでオペラデビュー。

1994年から2000年までイタリアはミラノに留学。1997年ベルヴェベデーレ国際声楽コンクール入賞。1999年フランス・モンテジュネーブルにてディプロマ取得。イタリア及びフランスにて数多くのコンサート等に出演。

帰国後、沢山のオペラ、コンサートに出演し更にキャリアを積み、2006年より日本初の男性オペラユニット「レジェンド」のメンバーとしても活動を始め現在に至る。

島根県大田市観光大使。