バッハの「管弦楽組曲第3番」を紐解きます 

​​ツクル学部

交響楽とは? 番外編 #1

【教授】

新垣 隆


【概要】

「交響楽の魅力」

それは新垣隆学長が生涯をかけて伝えたい事の1つです。

そんな交響曲の魅力を、今回は人気講義の交響楽とは番外編として、バッハの「管弦楽組曲第3番」を紐解きます。

学長得意のスケッチブックを使い、ゆる~く楽しくお届けします。

なるほど!

こういう事だったんだ!

と、この講義を見た後は交響曲の存在がグッと近くなっているはず。

00:00~ 学長とバロック音楽はあまりにもアンバランス

03:30~ バッハは本気

06:43~ 学長が沈黙した理由

09:20~ 管弦楽組曲第3番のお話

12:53~ アリアのお話

15:00~ 第一楽章のお話

15:37~ フーガのお話

18:43~ 舞曲と構成原理のお話

25:35~ 器楽とソナタのお話