シブヤ音楽大学 副学長
ツクル学部 学部長

中村 匡宏

音楽博士/作曲家

作曲家・音楽博士。幼少の頃、父の反対を押し切り音楽の道を志す。海外ではウィーン国立音楽大学(UniversitätfürMusikunddarstellendeKunstWien)作曲科に留学。鹿児島県立松陽高等学校音楽科作曲専攻卒業、国立音楽大学音楽学部作曲学科首席卒業と同時に有馬賞受賞、国立音楽大学大学院修士課程作曲専攻首席修了と同時に最優秀賞受賞、国立音楽大学大学院博士後期課程音楽研究科創作研究領域修了、博士号(音楽)DoctorofMusicalArts取得。鍵盤男子(ワーナーミュージック・ジャパン)

声の記譜法とその作曲技法における問題と可能性—「劇音楽スコアDRAMA-MUSICALSCORE」の制作を巡って—にて博士号を取得。アルノルト・シェーンベルクのシュプレッヒシュティンメに関する考察、その他、特に記譜法に関する研究を専門としている。

NHK「崖っぷちの淵子!」NHKE「ムジカ・ピッコリーノ」NHK鹿児島「桜島大正の大噴火から100年テーマ曲」他、多数音楽協力。舞台「海の上のピアニスト」「星の王子様」他。多くのアーティストへの楽曲提供、編曲協力。教育芸術社出版デジタル教科書制作協力。世界遺産「石見銀山」登録10周年記念事業オペラ「石見銀山」作曲、指揮(新国立劇場、東京文化会館)。

シブヤ音楽大学では、音楽博士ならではの見解で「学術的知識」と、音楽業界に必要な「実利的知識」のバランスを図った講義を企んでいる。